神戸の賃貸物件に入居申込みした時の申込金の扱い

subpage01

神戸で気に入った賃貸物件が見つかったら、借りる意思の正式表示として入居申込書を提出します。

申込書は不動産会社に置かれていて、書式は会社ごとにいろいろですが、入居する人の名前や勤務先・年収、住民票、連帯保証人の同意書や印鑑証明などをそろえて添付するのが一般的です。入居申込書の受理と同時に、申込金という名目の費用が発生するケースがあります。申込金を請求されたら、その取扱いについて何点か注意が必要です。



入居申込書を提出する時点ではまだ神戸の賃貸物件に正式に契約していませんので、渡した申込金は会計上預り金にあたります。



受取証としては、領収証ではなく預り証として発行してらうのが適切です。
入居申込書を提出すると、大家さん・不動産会社が中心となり入居審査が行われます。

入居審査は、経済状況・人柄・雰囲気などといった点からその人が大家さんの大切な所有物である神戸の賃貸物件を貸すにふさわしい人かどうかを確認するためのものです。

入居審査には一般的に1週間程度要し、審査をクリアすると重要事項説明を経て正式契約のための手続きに進みます。



神戸の物件に正式に賃貸契約を交わす時には、敷金と礼金・不動産会社への仲介手数料・翌月分の家賃の前払いとまとまった金額の初期費用が必要です。
入居申込書の提出時に申込金を渡したら、後日正式に契約に至った際の初期費用に充当されるのかどうかを必ず確認しておきます。
万が一のケースとして、申し込みをキャンセルした場合の申込金の扱いについても確認しておくと安心です。