神戸の賃貸物件を借りるには親族など連帯保証人が必要

subpage01

神戸の賃貸物件に入清の申込書を提出する時には、連帯保証人を引き受けてくれる人の名前や勤務先、年収そして保証人の同意書や印鑑証明も必要になります。

連帯保証人は、神戸の賃貸契約で必ず立てる通常の保証人とは異なる責任の重い保証人です。連帯保証人は、神戸の賃貸物件に契約してそこに住む本人と同等の責任を負います。
借り手がもしも家賃の延滞をしてしまえば連帯保証人には未納家賃を支払う義務がありますし、借り手がいなくなってしまったというケースで部屋の明け渡しをして室内のクリーニング費用などを負担するのも連帯保証人です。


不動産会社や大家さんから家賃の未納や部屋の明け渡しの連絡があったら、連帯保証人にはそれに必ず応じる義務があります。



通常の保証人のように、本人に連絡して下さいとは言えないところが連帯保証人の義務・責任の重いところです。


このように重い責任を伴うので、神戸で賃貸契約をする人の多くが親など親等の近い親族に連帯保証人を依頼しています。また不動産会社や大家さん再度からも、連帯保証人は親族のみという条件が付けられているのが一般的です。

親が高齢や病気、また年金生活者であるといった理由で、親に連帯保証人を依頼できないケースがあります。



連帯保証人の代行サービスは、保証料を支払うことで保証会社に親など親族が引き受ける連帯保証人を保証会社に代甲してもらうものです。



保証料は家賃に応じて設定されるのが一般的で、連帯保証人代行サービスを利用する場合は保証会社による入居審査も行われます。