神戸の賃貸物件に入居申込みすると審査がある

subpage01

神戸の賃貸物件探しで現地見学もし、借りたい物件が決まったら正式な契約のためのプロセスの第一は入居申込みです。


入居申し込みはその物件を借りたいという気持ちを正式に示す手続きで、大家さんや不動産会社が備える入居申込書に必要事項を記入して提出します。

入居申込書の書式は不動産会社によりさまざまですが、神戸の物件に賃貸契約する本人と、一緒に入居予定の人の名前や勤務先、連帯保証人の予定者などを記入して住民票や連帯保証人の印鑑証明・同意書といった必要書類を添えて提出するのが一般的です。



不動産会社や大家さんサイドでは、入居申込書が提出されると入居の審査を行います。


神戸の賃貸物件は大家さんの大切な財産であり、その入居者は誰でもいいというわけにはいかないものです。
入居審査は、その人が物件を貸すのにふさわしい人がどうかを確認するために行われます。



入居審査で重点が置かれるのが、毎月の家賃をきちんと支払っていくための経済能力です。不動産会社や大家さんは、入居申込書に書かれた勤務先や勤続年数・年収などをもとに本人および万が一延滞をしてしまった時には本人に代わり家賃を請求する連帯保証人の経済状況をチェックします。
神戸の賃貸物件に入居する人は、他の入居者とトラブルを起こしがちな人でないことも重要です。大家さんや不動産会社の入居審査では、入居申込みをした人の人柄もチェックポイントとして重要視しています。

物件探しのために不動産会社のお店にいった時や、現地見学の時に服装や言葉遣い、全体的な雰囲気がさりげなくチェックされているものです。